Dominique France

Dominique France ドミニック・フランス

Dominique France ドミニック・フランス

ブランドの歴史

パリのネクタイメーカー『ドミニック・フランス』は、1939年ピエール・シャロン街58番 地に創立されました。創業者のルネ・ブランドーはその人生をまさにネクタイ一筋に生き た人でした。1902年生まれのパリスルカ社のブランドーとして業界に名が通る程ネクタイ生地 のエキスパートになっていました。

このような事情から自分のブティックを持つにあたり、道義上の問題を考慮してブランド ー以外の商標として考えたのが『ドミニック』でした。元来、聖人の名である『ドミニック』は、男性、女性両方に用いられるポピュラーな名前であり、親しみやすく、耳への響 きも良いことからこのネーミングが選ばれました。それに、フランス製品であることを端 的に示す“フランス”を合わせて『ドミニック・フランス』というブランドネームが誕生 します。
厚みのあるジャガード織り、輝くシルク、オリジナリティーあふれるモチーフは、ヨーロッパ各国をはじめ アメリカ、アラブ諸国から日本に至るまで幅広くファンを作り、パリのエレガンスを知らしめる事となりました。

その後ブティックではネクタイのほかにシャツ、ナイトガウン、靴下、ハンカチ、アクセサリー、紳士服地、革小物なども手がけるようになり、現在に至っています。1987年、ルネ・ブランドーが故人となってからも彼が生前育てた後継者たちによって、オリジナリティーを大切にするブランドーの哲学と“ドミニック・フランス”の看板は守り続けられ、現在さらに広がりのある活躍をしています。

生地の特徴

美しいフェイスと完成度は、並みの高級生地の追随を許さないクオリティの高さです。かつ、個性的でもあるので、この生地で仕立てる服を着る方も一定の「気合い」が求められる。

Dominique France ドミニック・フランス