DORMEUIL

DORMEUIL ドーメル

DORMEUIL ドーメル

ブランドの歴史

1842年当時22歳であったフランスの青年ジュールス・ドーメルが、英国から毛織物を輸入し、フランス国内で販売することから始まりました。彼のもつスピリットと能力により、事業の基礎は早々と固まっていきます。そして、ジュールスの2人の兄弟であるアルフレッドとオーギュストが事業に参加。それを機に、彼はさらなる事業の拡大を決心します。

フランスへの輸入だけではなく、積極的にアジアやアフリカに向けて輸出を開始。1880年代には、新しい顧客獲得のため、アメリカ・ニューヨークにショップをオープンしました。エレガンスかつ無類のセンスを伝えながら、世界各国でそのイメージを確立。

素材となる繊維は世界有数のウール産地であるオーストラリアから、品質のいいものだけを直接輸入。核となる天然羊毛の「エクストラ・スーパー・ファインウール」は、シドニーやメルボルンでとられ、オーストラリア産メリノウールの全生産量中わずか0.5%と大変希少なもの。これらの豊富な素材展開により、世界中の顧客から受ける難しいオーダーにも的確に応え、質のよい生地の生産を可能にしました。

生地の特徴

ゼニアでは高品質で希少なウールのみを買い付けています。

ドーメルは、世界に向けて極めて希少な繊維を取り扱うスペシャリストとして、他にない外観、心地よさ、手触りを持つ服地を提供しています。そして、いままでにない新商品を開発、発売し、新しいセンセーションを待ち望むファンを常に喜ばせています。

エレガントな風合いが特徴的で、厳選された原毛と英国仕込みのしっかりとした織と光沢があります。パリコレなどに参加するようなブランドとも関係が深く、シャネル、ディオール、イブ・サン・ローランなどのブランドへ生地を提供しており、世界中のセレブやハリウッドスターなども愛用しています。

DORMEUIL ドーメル