Ermenegildo Zegna

Ermenegildo Zegna エルメネジルド・ゼニア

Ermenegildo Zegna エルメネジルド・ゼニア

ブランドの歴史

創業は1910年、北イタリアでテキスタルメーカーとしてスタート。
創業者はエルメネジルド・ゼニア(1892~1966)ですが、初代エルメネジルド・ゼニアの父アンジェロ・ゼニアが織物製造会社を設立。アンジェロは農家に生まれ、時計職人となり、その後毛織物を手がけることになりました。
火事で工場を焼失後は、トリヴェロに移り工場を再建後、生地の技術的な研究に取り組んでいます。この父、アンジェロ・ゼニアより20歳で家業を受け継いでいるのがグループ創業者、エルメネジルド・ゼニアです。
職業繊維学校で学び、1930年に当時最新の英国製紡績機による毛織物の生産を始めます。品質が高い毛織物に、自分のトレードマークでイタリア国内、さらに国際マーケットへ進出。1968年にはアルドが会長として、アンジェロが社長として事業を継承しています。
紳士服地で不動の地位を築いた後に、ゼニアは服地だけでなく既製服の分野にも進出。デザインのポリシーは「最高の素材は優れたデザインを、最高のデザインは優れた素材を求める」。スーツ、ジャケットからスポーツウェアまでそれぞれの製品は世界で高い評価を得ています。
また、業界で初めて服地の耳にブランドネームを織り込んで品質を保証したのもゼニアでした。1980年代にゼニア家の第三世代が経営に参加。アルドの息子パオロが服地部門、アンジェロの息子のエルメネジルド(ジルド)が既成服部門にそれぞれ総責任者として就任しています。彼らの姉妹兄弟や子供たちも各部門の担当し、「より伝統的に、より革新的に」をモットーに初代でブランド確立、二代目は小売への進出、三代目が小売店を世界へ展開しています。典型的イタリア型オーナー企業として常に先見的な試みをしているのです。創業100年を超えたゼニア社の現在は4代目。2009年にはアジア初のグローバルストアを新宿にオープンさせています。

生地の特徴

ゼニアでは高品質で希少なウールのみを買い付けています。

世界中のメーカーの中でも最も贅沢な買い付けをしていますので、素材そのものも品質も高いのです。更にこだわりを持って研究を続けていますので、ゼニア独特の手触りを実現。高い品質を誇る服地とその服地から作られる最高級スーツは、各国の元首はもとより、名のある実業家、日本でも多くのエグゼクティブも顧客として名を連ねています。
個人だけではなく世界のハイブランドでもゼニア社の生地が使われていて、例えば、エルメス、アルマーニ、ラルフローレンなど、こういったハイブランドの生地利用により、更にゼニア社の生地の人気が高くなっているのです。

Ermenegildo Zegna エルメネジルド・ゼニア