REDA

REDA レダ

REDA レダ

ブランドの歴史

REDAの歴史は約150年前、1865年イタリア ミラノ北部に位置するビエラ地区のヴァレモツソ(Valle Mosso)にカルロ・レダ(Carlo Reda)がウールエ場を設立したのがその始まりです。当時、産業革命の影響を受けビエラ地区はウール産業の一大生産地に発展する途上にありました。1919年Botto Poala一族が当時のGiovanni Reda e Figli WooI Factoryという工場を購入し、現在のSuccessori Reda SpAへと経営が引き継がれました。
1968年に大洪水が発生し、エ場は壊滅的な被害を受けましたがその精神は屈することなく、逆にそれをバネとし技術革新を積極的に取り入れ、生産体制を充実し進化させて行きました。そして1998年に世界初となるコンパクトな紡績工程を導入し、約2万平米の工場をその発祥の地であるValIe Mossoに建設しました。
REDAの永きに渡る信頼と実績は、減耗の選別から商品開発まで自社一貫生産に徹することで生まれ、その生産力と技術力は世界中で高い評価を得ています。

生地の特徴

REDAは生地の開発力においても高く評価されており、より美しい艶やしなやかさ、より高い機能性や耐久性を追及し先進的な生地を開発しています。一貫生産と開発により生まれたコレクションは、素材の良さだけでなく色や柄などのデザイン性も豊富でトラディショナルなものからモードなものまでバラエティに富み、個性を大事にしたファッションを楽しめるのもREDAの魅力です。
最高のコスパ生地とも言われているREDA の生地は、その値段帯からは考えられないほど高級感のある外見なのが特徴です。国内のセレクトショップなどのスーツによく使われるのもまたこの生地ブランド。手頃な値段でありながらもイタリア製生地らしい風合いを楽しめることが、その理由になっています。
非常に豊かな光沢感があり、安い値段で高級感が欲しい人には最もおすすめです。

主な取引先として、G.ARMANl、CANALI、ERMENEGILDO ZEGNA、POLO RALPHLAUREN、BR00KS BROTHERS、D&G、HUGO BOSS、PAL ZILERI等多岐に渡っています。

REDA レダ