オーダースーツ 大阪 兵庫 西宮 GISE

GISEのサイトを見て頂き誠に有難う御座います。

1部に続き2部ではゴージラインについてお話していこうと思います。

【2部】

ゴージラインという部分をご存知でしょうか?
ゴージラインとはジャケットの上襟(カラー)と下襟(ラペル)の間の縫い目線のことです。
このゴージラインがスーツの見た目を変えます。
ゴージとは英語で喉を意味します。
ジャケットの襟を立てた際に、上襟(カラー)と下襟(ラペル)とを繋ぎ合わせたラインが喉のあたりを通ることからゴージラインといいます。
現代のスーツの起源は、詰襟の洋服といいます。
襟を立てると詰襟の形になるかと思います。
このラインが肩から近いとハイゴージ、肩から遠いとローゴージと区別するのが一般的です(※厳密には角度で区別致します。)
最近ではハイゴージを選ばれる方が増えている様に思います。
自分に合う高さを選ぶ事が出来るのもオーダーの魅力です。
ゴージラインを肩に対して遠く、近くすることで首元のバランスをとると、襟の雰囲気が変わります。

ハイゴージ
ハイゴージとは上襟(カラー)と下襟(ラペル)を縫い合わせたラインが肩から近いことです。
ハイゴージはイタリアを代表する仕様であり、
肩のラインとゴージラインが近いことから肩幅よりもチェスト(胸、胸部)が協調され、
男性らしい印象やスタイリッシュな印象を与えます。
またハイゴージはネクタイを結んだ時のVゾーンが美しく見えるワイドカラーのシャツと相性が良いといいます。

ローゴージ
ローゴージとは上襟(カラー)と下襟(ラペル)を縫い合わせたラインが肩から遠いことです。
ローゴージはイギリスを代表する仕様であり、
ゴージ位置を低くすると、下襟(ラペル)が短くなり襟デザインが変わります。
またローゴージは衿幅の狭いレギュラーカラーなどのシャツを選ぶとゴージラインがシャツの襟先と繋がることがなくなり美しく見えるというメリットがあります。

スーツ仕立てに興味を持って下さったお客様の ご来店 ご相談のお電話など 心より楽しみにお待ちしております。
寒さが一段と厳しくなりますが、くれぐれもお体にお気をつけください

【3部】へ続く

【Gioco serio】『GISE』イタリア語で「本気の遊び」。
GISEの創業は他のブランドとは一線を画します。
様々な職種の仲間たちが「本気の遊び」をテーマに生まれたブランドです。
生地一枚、縫製一つ、細部にまでGISEの本気が表れています。
フォーマルにカジュアルさを!
カジュアルにフォーマルさを!
正当なフォーマル、カジュアルまで【Gioco serio】をイメージし、着る者、見る者、全てを魅了し、あなたにとって服が服以上の存在になるように!

(アクセス)
GISE 西宮オーダースーツサロン
営業時間 10:00~18:00
TEL 0798-68-2009
住所 〒662-0838 兵庫県西宮市能登町5-4ジオナビル
西宮北口駅から徒歩約11分です。

お車でお越しの方は、国道171号線沿い、当ビル隣にTimes(有料パーキング)がございます(飲食チェーン『フォルクス』さん前です。)のでこちらをご使用ください。

(感染症対策について)
GISE、お客様の安全を第一に、
感染症対策として以下の予防措置を行っております。
(スタッフの体調管理)
(マスク着用等の感染予防措置)
(お客様やスタッフが触れる場所の定期消毒)
(スタッフのこまめな手洗い・うがいの実行)